※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

Ruby

【Ruby入門】足し算・引き算・掛け算・割り算をやさしく解説

 

ひでまる
ひでまるです!
今回はRubyの数値について解説してきます!

 

こんな人におすすめ

Rubyの計算ってどうやるの?

計算するにはどの記号を使うの?

この様な方におすすめの記事になっています。

 

Rubyで数値を作る方法

 

Rubyは私達がなれている、10、-30、5.5の様な数字を簡単に作ることができます
作り方はかんたん、数値を打ち込むだけです

 

10 (10という整数が作られた)
-30 (-30という負の整数がつくられた)
5.5 (5.5という少数が作れた)

 

 

足し算・引き算・掛け算・割り算の方法

+ 足し算
- 引き算
* 掛け算
/ 割り算

計算はこちらの記号を使って行う事ができます

 

足し算

10 + 20 => 30

 

 

引き算

20 - 10 => 10

 

 

掛け算

10 * 10 => 100

 

 

割り算

10 / 5 => 2

 

 

⚠ただ、割り算は注意して欲しい部分があります

 

1 / 3 => 0
2 / 3 => 0

この様に答えが 「0.」となるものは小数点は切り捨てられます

 

1.0 / 3 => 0.333333333
2.0 / 3 => 0.666666666

計算式に「1.0」と付ければ少数点はそのまま表示されます

 

 

この様に表にある記号を使って色々計算することができます!

 

割り算の余り・べき乗

% 割り算の余り
** べき乗

 

%で割り算の余り、**でべき乗を計算することが出来ます

 

割り算の余り

10 % 5 => 0

%を使うと余りが結果として出ます

 

 

べき乗

2 ** 2 => 4

**を使うとべき乗が結果として出ます

 

 

文字列と数値は計算できない

 

10 こちらは数値の10として扱われますが、

"10"こちらでは文字の10として扱われます

 

10 + "10"  =>エラー

この様に文字列+数値はできないため注意が必要になってきます

 

では計算するにはどうするか?

 

文字を数値に変換するto_iメソッド

to_iメソッドは、数字の文字列を数値に変換するメソッドになります

 

"10".to_i => 10 (数字の10に変換される)

つまり

 

10 + "10".to_i => 20

to_iメソッドを使う事で文字を数値に変換したあとで、計算をすることが可能となります

 

まとめ

  • 数字は打ち込むだけで作れる
  • +足し算
  • -引き算
  • /割り算
  • *掛け算
  • %余り
  • **べき乗
  • 文字列と数値の計算はできない

お知らせ

読んでいただきありがとうございました。

私のブログでは、「今よりも人生をもっと楽しく」を追求しています。
興味がある方は、是非訪れていただけると嬉しいです^^

>>「今よりも人生をもっと楽しく」を追求するブログ

-Ruby
-

© 2024 ひでまるブログ Powered by AFFINGER5