※当サイトではアフィリエイトプログラムを利用して商品を紹介しています。

Ruby

【Ruby入門】eachメソッドの繰り返し処理をやさしく解説

 

ひでまる
ひでまるです!今回は繰り返しのeachメソッドを詳しく解説していきます!

 

繰り返し処理とは?

 

プログラミングの繰り返し処理とは、
「繰り返し設定した場所のコードを、指定の回数繰り返す」処理の事です

少しコードっぽく見ていきましょう!

puts "やっほーーー"

ここから5回繰り返せ
puts "おはようございます"
ここまで

#実行結果
=>やっほー
=>おはようございます
=>おはようございます
=>おはようございます
=>おはようございます
=>おはようございます

 

この様に、「ここから5回繰り返せ」〜「ここまで」の間のコードが繰り返されました!
「ここから5回繰り返せ」〜「ここまで」が繰り返し設定された場所になります。

 

eachメソッドとは?

eachメソッド

 

eachメソッドは「配列の要素をすべて取り出す」という機能を持っています!

 

ひでまる
配列の要素をすべて取り出すとは何でしょうか??詳しく見ていきましょう!

 

greetings = ["おはよう","こんにちは","こんばんわ"]

変数greetingsの中におはよう、こんにちは、こんばんわがは入っている配列が格納されています。
表でイメージしてみましょう!

greetings =

0 1 2
"おはよう" "こんにちは" "こんばんわ"

greetingsの中の配列はこの様になっています。

ではこの表をeachメソッドですべて取り出して見ましょう!

 

eachメソッドを使い配列からすべて取り出す

#構文
配列が入っている変数.each do |変数|
puts 変数
end

 

配列が入っている変数とは、greetingsになるので

greetings.each do |変数|
puts 変数
end

この様になります!

 

do |変数| とは?

||で挟まれたところは、ブロック引数と呼ばれ

eachメソッドで取り出した要素が||この中にはいります!

 

ひでまる
では実際にeachメソッドの流れを見ていきましょう!

 

greetings.each do |greeting|
puts greeting
end

|変数|はgreetingsから取り出している内容が入るのでgreetingとしておきます。

 

回目の処理

greetingsの中の

0
"おはよう"

"おはよう"が取り出されます
取り出された"おはよう"は|greeting|に入ります

greetings.each do | greeting("おはよう"が入っている) |
puts greeting =>おはようが出力される
end

 

回目の処理

1
"こんにちは"

"こんにちは"が取り出されます
取り出された"こんにちは"は|greeting|に入ります

greetings.each do | greeting("こんにちは"が入っている) |
puts greeting =>こんにちはが出力される
end

 

3回目の処理

2
"こんばんわ"

"こんばんわ"が取り出されます
取り出された"こんばんわ"は|greeting|に入ります

greetings.each do | greeting("こんばんわ"が入っている) |
puts greeting =>こんばんわが出力される
end

 

完成コード

greetings = ["おはよう","こんにちは","こんばんわ"]

greetings.each do |greeting|
puts greeting
end

#実行結果

=>おはよう
=>こんにちは
=>こんばんわ

 

この様にeachメソッドは配列の中にある要素がすべて取り出され処理されます。

-Ruby
-

© 2024 ひでまるブログ Powered by AFFINGER5